電子タバコ、吸ってみました

禁煙ブームで話題になった「電子タバコ」

書店でも買えるタバコとして話題になった時は興味本位に買ってみました。

さて、この電子タバコ。
いったいどんな物なのでしょうか。

まず、電子タバコというだけに充電式のタバコです。
ケース自体が充電器になっていて、コンセントにさして充電をして使います。

素材はタバコとは異なり、プラスチックのような物で出来ています。
充電にかかる時間はそれなりにかかりますが、使用する頻度によって長持ちします。

実際に吸ってみると、先端が赤くぽわんと光りあたかもタバコの火がついているかのようでした。
吸い込むとカートリッジから煙に似せた水蒸気が吸った分だけ口に入ります。

吸い心地は、1ミリのタバコをさらに軽くしたような感じでした。

ニコチンやタールがないので本物のタバコを吸った時にある煙がガツンときてクラっとするような感覚は全くありません。

ただ、カートリッジには「〇〇風味」という感じに実際のタバコに似せた味がついていて、その風味は水蒸気に混ざって口に入ってきます。

風味なだけに実際のタバコを想像して吸うとあまりの違いにビックリするかもしれません。

香りも本物のようないかにもタバコ臭いような臭いは全くありません。
強いて言うなら、吸い込んだ時にのみ水蒸気が出るので使用している方のお口の匂いくらいでしょうか。

水蒸気しか出ないので、タバコの臭いがつくことも、ヤニで汚れることもありません。

こんなに精巧に出来ている擬似タバコには驚きました。

ただ、この商品は禁煙をするために使おうとするには不向きな気がします。

理由は「口に咥える」という動作が本物を吸いたい気持ちにさせるような気がしました。

この辺は人によって違うと思います。こちらの電子タバコの感想を読むと、タバコの量を減らすことに成功しているようです。いちがいにだめとは言えないと思います。

少なくとも口寂しさを吸えない場所で抑える為にはとてもいいと思います。